看護系の大学のいずれかで看護に関して学ぶ必要がある

看護師免許を得るには、何通りかのパターンが考えられます。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶ必要があるのです。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても変わります。
仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。高校に進むときに衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。
また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いので試験勉強や実習が不足して簡単には試験に合格できないという面もあるようです。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
仕事をしている病院の勤務形態では、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。
看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ