シミが濃い場合などは施術しない

脱毛エステを受けた時、ひどい場合火傷することもあると聞きます。
脱毛エステで一般的に使用されている光脱毛は、黒い色により反応する装置で、日焼けが目立つところや濃いシミのあるところは火傷になる場合があります。
日に焼けている場所、シミが濃い場合などは施術しないようにしますが、日焼けをしないよう心がけましょう。脱毛エステは大体どれくらいの期間かというと、2、3か月に1回ほどの施術を満足がいくまで続けるため、その人その人によって異なるのです。施術が6回で十分だと思ったら、ざっと1年から1年半の期間通うことになるでしょう。
多くの人は、一つの部位に12回程度施術をしてもらっているので、2年から3年かかります。
毛の周期に沿った施術をする必要があるため毎月受けたところでそれほど意味はないことになります。
ちょっとした興味本位で脱毛エステに行ったりすると、そのお店に通うように説得され、勧誘されるかもしれない、と思っている人は多いかもしれません。
しかし、実際のところ、最近は、勧誘行為について全面的に固く禁じている店舗もでてきました。勧誘されると断れないかも、という心配のある人はそういう「当店は勧誘を行いません」というお店を選択するのがベターです。ただ、お店の用意する体験コースなどを受けに行く場合についていえば、「勧誘されるかも」ということを考えておくのが無難でしょう。
脱毛エステのお店はよく知られている有名なところの方が後悔することは少ないという意見が多くあります。
小・中規模のお店については、施術を行うエステティシャンのスキルが、効果に疑問を持ってしまうようなレベルのものであったり、客に対する気遣いが感じられないような態度を取られたりすることもあるので要注意です。
そういったケースと比べると大手の脱毛エステではスタッフの教育が十分にされているものですし、何かトラブルが起こった時の対応の仕方なども信頼できるものだと考えられます。
脱毛エステの中途解約については、解約違約金などのペナルティー料を清算しなければなりません。違約金については法律上、上限が決められており、実際の金額は、解約料金の詳細については、通っているお店に、質問してみてください。問題が発生した場合のために、契約する前に、契約期間中のキャンセルについても明白にしておくと安心です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ